美人講座 実践編 ウォーキングが上手いモデルさんの身体の使い方、徹底解説します!

こんにちは!SHIMAティーです。

アンミカさんのパリコレ学、皆さんも見ておられるでしょうか?

綺麗に歩くのって、難しいです。

ウォーキング上手くなりたい!と思っても、いったい何から始めたらいいかわかりませんよね?

このブログでは、

キレイな人はなぜそう見えるのか?
キレイな人の身体の動きはどうなっているのか?

を具体的に、わかりやすく解説していきます。

やみくもに練習するだけでは、なかなか上手にはなりません。

こうするからキレイに見える、こうするからキレイに動けるという具体例を示しながら、皆さんが最速で美しいウォーキングができるようになるお手伝いをしていきたいと思います!

富永愛さんのウォーキング。

やっぱり上手ですよね。

これを見て、

「よっしゃあ!私も!」

と気合い入れてマネをする方もいらっしゃると思いますが、

「あれ?何か違う??」

と、なりませんか?

まずは「腰やお尻を振って歩けばいいんじゃないの?」

と思いますよね。

でも実際やってみると、なんだか品がないウォーキングになってしまいます。

これはなぜなのか?

パッと目がいくところは腰やお尻なのですが、実際にその身体のカタチを作り出しているところは実はもっと別の場所なのです。

キレイな人には「キレイに見える身体の使い方」があります。

それは生まれつき持っている資質もありますし、トレーニングで身に付いたということもあるでしょう。

しかし、これは一般に学校で習うことはありません。

身体について、お金について、生き方について・・

もっと学校で教えないといけないことはいっぱいあると思います。

お金といえば・・

モデルの長者番付によると・・。

フォーブスが毎年発表しているモデルの長者番付がこちら。

https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20181217_569775/

一位のケンダル・ジェンナー(23)は、なんと2250万ドル(約25億5000万円)も稼いでいるという。

25億とか意味が分かりません(笑)

ただ、勉強して良い会社に入って働く・・ということだけが収入の道ではないということでしょうか。けっして楽な道ではないと思いますが、でもそれはどの世界でも同じと言えます。

日本人モデルでも、こういう長者番付に載るようなモデルさんが出て来てほしいものです。

そうしたら、私たち日本人の希望になりますものね!

それはさておき、

では美しく、品のあるウォーキングの秘密はどこにあるのでしょうか?

身体にコンプレッションを入れよう!

答えは「身体(体幹)にコンプレッションを入れる」ことです。

コンプレッションとは、圧縮の意味です。(覚えなくていいですよ)

身体(体幹)を縮める、とでも思っておきましょう!

ただし、縮めるためには伸ばさないとダメですよね。

ということで、その具体的な方法はこちら。

美人講座 実践編!『美人のおさぼり筋』を起こそう!

こちらも合わせて読んでみてくださいね!

ではコンプレッションとはどういう「動き」なのか、具体的に説明していきます!

身体に美しい空間(体幹)を作り、まっすぐ立ちます。

腕を、胸の前で合わせます(腕で余計な動きをしないようにするため)

片方の脚をお尻から引っ張るように上げてきて、脇腹を縮めます。

これがコンプレッションです。

上げた脚と同じ側の肩が下がってきます。

身体に柔らかな「カーブ」のラインができます。

ちょっと待ってください!

まれにこれが出来ない人がいらっしゃるのです。

身体(体幹)がガチガチに固まってしまっていて、「縮む」ことができません。

「噓!?」と思うかもしれませんが、本当にいらっしゃいます。

もしこれが出来なかった人は、三大体幹病を疑ってみてください(笑)

あなたが美しくなろうとするのを邪魔してるやつらです。

三大体幹病についてはこちら!

美人講座 実践編!美しくなろうとするのを邪魔するやつがいます。三大体幹病から身体を守ろう!

身体(体幹)を縮めた状態で、脚を床に下ろします。

身体に柔らかな「カーブ」が出来ているのがわかるでしょうか?

この状態でポーズを取っているモデルさんがこれですね!

身体に女性特有の「カーブ」があり、ウエストがくびれてとても綺麗です。

まっすぐの棒立ちとは大違いです。

ちなみにこのコンプレッションのスキルを持っているということは、歩くたび一歩一歩がこの綺麗に見えるポーズ、ということになります。

歩くたび一歩一歩が可愛いとか、綺麗とか・・ヤバくないですか?(笑)

では、この「カーブ」を一歩踏み出す時に作ってみましょう!

こうですね!

脚が長く見えます。

反対側の脚も!

これを左右で繰り返して歩くことで、腰やお尻を振ったウォーキングとはまったく違うものになります。

身体の使い方が全然ちがうでしょう?

ちなみに、この写真ではMAXまでコンプレッションを入れています。

どういうことかというと、このコンプレッションは自分で強さをコントロールできます。

この「コンプレッションMAXのウォーキングしかできない。」ではなくて、服や自分のモデルとしての個性に合わせて、このコンプレッションの強さを大きくしたり小さくしたりと、コントロールできる方が、活躍の幅が広がるということです。

いかがだったでしょうか?

25億への始めの第一歩が、この「コンプレッション」かもしれないです(笑)

歩くだけで腹筋&背筋になってます。

ちなみに皆さんは「腹筋」をしたことがあるでしょうか?

あれも結局は身体を縮めてますよね。

つまり、一般的な「腹筋」というのは、お腹の前(腹直筋)の部分を「コンプレッション」している・・ということになります。

「なるほど!そうだったのね!!」

という声が聞こえてきそうですが(笑)

なので、この身体の側面に「コンプレッション」を入れてウォーキングすること=腹筋&背筋を左右交互に行っていること。

ということになります。

凄いでしょ?

だから、歩き方が綺麗な人はスリムボディなんです。

日常動作が筋トレなんですもの。

お腹、確実にへっこみますからね。

是非、やってみてくださいね!

ウォーキングには、その人のすべてが出ます。

ウォーキングの上手さは、もちろん身体のカタチだけではありません。

その人の生き方や考え方、今まで過ごして来た時間の使い方、これからどうなろうとしているのか、心の強さとか・・

身体の動きには、その人のすべてが出ます。

だからこそ、街中でフッと歩き方が綺麗な人を見るともの凄く気になります。

(この人、どんな生き方をしてきはったんやろう?)

って(笑)

では最後にこれを。

「コンプレッション」のスキルを得たら、それを意識しながら色んなモデルさんのウォーキングを見てみましょう!

また違った景色が見えるかもしれません。

それではまた〜!

「読むだけで美人になれる!SHIMAティーのちょっと変わった美人講座」はストーリー仕立てになっています。

初めて来てくださった方はこちらからどうぞ!

美人のおさぼり筋を起こそう!〜あなたの身体に起こる100の奇跡〜

美人講座 実践編!『美人のおさぼり筋』を起こそう!

alt=”ストレッチ”

お待たせしました!ここからはストーリーではなく、リアル世界で美人になる具体的な方法をお伝えしていきます!

しなやかで美しい人の身体の秘密。

皆さんにも、

「あの人、いつもキレイにしてるな。」

「同じ女性として、憧れる。」

と思う人がいるのではないでしょうか?

それはその人の生き方であったり、ファッションであったり。

逆に、

「あの人いつもイライラしているし、あまり近づかないでおこう。」とか、

「なんだかだらしないな・・。」

と感じてしまう人もいます。

こうした違いは、いったいどこにあるのでしょうか?

私が思うその一つは、まず「凛々しさ」があるかどうかです。

その人自身が「美しくありたい」と思っているその気持ちが、姿勢や身体に表れています。

そして、もう一つは「柔らかさ」です。「カーブ」と言い換えてもいいかもしれません。

まっすぐなだけでは固く冷たいイメージがあります。

しかし、ここに女性特有の柔らかなカーブが加わることにより、見る人に安心感や幸福感をもたらします。

「凛々しさ」「柔らかさ」

一見、相反するこの二つの要素が一人の人間の中に「同時に存在する」ということが、もの凄く不思議な魅力を醸し出します。

「凛々しさ」だけでは場合によって「キツい」印象になることもありますし、「柔らかさ」だけでは「媚びてる」印象になるかもしれません。

ところが「凛々しさ」と「柔らかさ」が同時に存在すると、ぐうの音も出ない美人が完成します。

周りから憧れられる素敵な女性を見てみましょう。

どちらの要素も備えている方が多いと思います。

「自分もそうなりたいけど、ムズカしいな・・。」

と思ったあなたへ。

この「凛々しさ」と「柔らかさ」は、身体を変えることによって作りだすことができるのです。

身体を変えることをきっかけに、あなたも周りから憧れられる素敵な女性になりましょう!

それでは、具体的な作り方をお伝えしていきます。

身体に美しい空間(体幹)を作ろう。

まずはTボーンのカタチを作ってみましょう!

足を肩幅くらいに広げて立ち、両手を肩の高さまで上げてきます。

alt=”ストレッチ”

片方の手を腰に当てます。

alt=”ストレッチ”

そのまま、グッと骨盤を押し込んでいきます。

そうすると、バランスを取るために反対側の脇腹がグーッと伸びてきますよね。

alt=”ストレッチ”

骨盤をグーッと押し込みながら反対側の脚に体重を移動させ、軸足を乗り越えるところまでいきます。

実は、この骨盤が軸足を乗り越える・・というのが『美人のおさぼり筋』を起こすための重要なポイントです。

これを左右何度か繰り返します。

何度かやっていると骨盤から肋骨までの距離が広がり、体幹の可動域が上がります。

あのシャンパンのコルクを横からキュッキュッと何度も押し上げながら開けていく感じです。

これが「美人だけが持っている美しい身体の空間(体幹)」ということになります。

側屈と勘違いされますが、骨盤が軸足を乗り越えていないと「身体の伸び」が弱く、効果が薄いのが見てわかると思います。

alt=”ストレッチ”

ところで、顔の表情や首のラインが全然違うのがわかるでしょうか?

骨盤が軸足を乗り越えて身体を伸ばすと、キレイな人だけが持っている「スーッ」とした、あの抜け感のある表情になるのです。

そしてその身体の伸びをキープしたまま真っすぐに身体を戻してくれば、普段の姿勢のままでもスーッと伸びた姿勢や抜け感のある美しい表情になります。

これが『美人のおさぼり筋を起こす』ことで出てくる身体の変化です。

骨格を特定のポジションにもっていくことで初めて動き出す筋肉があり、それらの筋肉が動き出すと身体・顔(表情)・血流やリンパなどの流れ・動作・しぐさetcetc・・自分自身が変わり始めます。

そうやって自分が変わると、周りの反応までもが変わってきます。

「あれっ?ちょっと痩せた?」

「何かキレイになってない?彼氏でも出来た!?」

「え〜!そんなことないよ〜。」

女性はそういう少〜しの変化を見逃さないですよね(笑)

周りが変わるとまた更に自分に変化がおこり、良いサイクルが続いていきます。

自分が変わるきっかけは『美人のおさぼり筋』を起こすことから始まることも!

では、次はセラバンド(筋トレ用の薄いゴムチューブ)を使って『美人のおさぼり筋』を見える化してみましょう!

美人のおさぼり筋を見える化します。

「姿勢を良くして!」

と言われて身体を上にビュッと伸ばした状態です。

alt=”ストレッチ”

伸びてはいますが、上下なのでここで伸びの限界があります。

ここからさらに伸ばそうと思ったら??

alt=”ストレッチ”

こうですよね!身体の内側や奥の筋肉が伸びてます。

これは、実は普通に生活しているだけでは、なかなか使うことが無い筋肉です。

なので私は「美人のおさぼり筋」と呼んでいます(笑)

一流モデルや一流アスリートたちはこれらの筋肉をしっかりと起こして、さらにその使い方のセンスが抜群です。

なので運動パフォーマンスが高いだけでなく、身体のカタチや動きも美しいですよね!

体幹と呼ばれる身体の側面を伸ばしていることになりますが、見てもらえればわかるとおり足から腰にかけての部分もメチャ伸びてます。

これには、美脚効果とヒップアップ効果もあります。

さて、ではここでSHIMAティーの施術がはいります!

alt=”ストレッチ”

もちろん自分で伸ばせるのですが、私が今までにおそらく1000人以上の女性の方を伸ばしてきていつも言われることがあります。

それは、

「自分でやったのと先生に伸ばしてもらったのでは全然ちがう!!」

alt=”ストレッチ”

骨盤の入れ具合や腕の持っていきかたなど、やはり骨格を適切な場所に持っていくのにコツがあるみたいです。

そしてやっぱり、こっちの方が表情がかわいい。

でもご自身で伸ばしても、もの凄く効果はありますよ!

是非やってみてくださいね。

バストアップがスゴい!

さて今回モデルになってくれたのはエミさん。(ありがとう〜!)

無理して胸を張っている感じは無いのに、もの凄くバストアップしています。

alt=”バストアップ比較”

服で隠れてしまっていますが、実はウエストもメチャくびれています(笑)

背中ももちろん綺麗になってますし(背中の膨張が消えた!)ヒップアップもしていますね!

そしてこのカタチをキープしながら毎日を過ごすと、自ずと使う筋肉も変わってきます。

日常動作そのものが、美人になるための筋トレをしてるようなものですよね!

まだまだ、ほかにもたくさんのキレイが眠っていますよ。

ひょっとしたら、皆さんまだ自分の本当の魅力に気づいてないだけかもしれません。

一緒に「キレイ」を探していきましょうね。

それでは、皆さんもまずはこの『美人のおさぼり筋』を起こすことから始めてみましょう!

美人講座 実践編!美しくなろうとするのを邪魔するやつがいます。三大体幹病から身体を守ろう!

美人講座 実践編!に行きたいところですが、

「ちょっと待った!」

せっかく「よ〜し、美人になるぞ〜!」と意気込んで筋トレやダイエットなどを始めますが、なかなか成果が上がらない人っていますよね?

あれ、何でだと思います?

筋トレやダイエットって、自分の身体の構造から変えていくことですよね。それって結構時間がかかりますし、なかなか目に見えてこないのでモチベーションを維持するのが大変です。

このブログでは、骨格を特定の位置に持っていくことによって今まで使われていなかった美しい筋肉が動きだし、身体のカタチや動作が美人に変わって行く!という方法をお伝えしています。

この方法は、その場ですぐに効果が実感できるんですよね。(目に見えるからモチベが上がる)

そしてその骨格の位置と動きを普段から意識して生活していくと、日常動作がどんどん美人になっていきます。

なので「即効性」と「持続性」を兼ね備えたちょっと面白い『美人になる方法』だと思っています(笑)

さて・・。

あなたが美しくなろうとするのを邪魔するやつがいます。

皆さんも美人になりたい!キレイになりたい!と思って日々、色々な方法で自分を磨いておられると思います。

このブログでは「身体が変われば、人は中から輝き出す。」という独自の理論に基づき、身体を変えていくことでその人の魅力と個性を最大限に花開かせるべく、皆さんのサポートを行っています。

しかし、この「身体を変える」ことを邪魔するやつがいるのです。

いったいどんなやつなのでしょうか?

その前に、まずは自分の身体を知ることから始めましょう!

「体幹トレーニング」という言葉が一般的に使われるようになりましたが、では実際に体幹とはどの部分を指すかをご存知でしょうか?

体幹とは?

脊椎動物のからだを大きく区分すると体幹と体肢とになるが,体幹とはからだの中軸部で,これをさらに頭部,頸部,胸部,腹部,尾部に分ける。体肢は体幹から出る2対の枝で,前肢(ヒトでは上肢)と後肢(ヒトでは下肢)とからなる。
とあります。
専門書によっては頭部を含まずに胴体部分だけを「体幹」と言っているものもありますが、美人を構成する上で、頭部やそれを繋ぐ首の部分はもの凄く重要な要素になってきますので、このブログでは体幹に頭部や頸部を含んで解説していきます。
そして「やつ」は、この体幹に潜んでいます。

それは、三大体幹病と呼ばれています。

「三大体幹病って何?」と思いましたか?もちろん、そんな病気はありません。

三大成人病、三大疾病という言葉をCMなどで聞いたことがあるかもしれませんが、それらをもじって私が作った造語です。

三大疾病とは、悪性新生物(がんなど)・心疾患(心筋梗塞など)・脳血管疾患(脳卒中など)のことを指します。加齢だけでなく長年の生活習慣により引き起こされる、発生率が高い病気のことです。

実は、三大体幹病もそれらと同じく、加齢や普段の生活習慣から引き起こされます。

それらはつまり、

「体幹がつぶれている」
姿勢が悪く、骨盤と肋骨までの距離がぐちゃっとつぶれてしまっている状態。
呼吸も浅くなり、身体の循環も悪い。うつ状態の人の身体のカタチの特徴でもある。
「体幹がゆがんでいる」
身体の左右のカタチが明らかに違う状態。首が曲がっていたり、手や脚の長さが左右で違ったりする。歩いた時に重心が左右にブレて真っすぐ歩けない、など。
「体幹が固まっている」
肋骨や骨盤を含む体幹全体がガチガチで動かない状態。加齢や、動かさないでいると筋肉は固まる。体幹が固まってしまうと身体の他の部分との連動が取れなくなる。(例えばTVのリモコンを取ろうと身体をひねった時にグキッとなったりする危険性があるなど。)

三大体幹病とは、これら三つの状態のことです。恐ろしいのは、子どもたちにもたくさん見受けられるということです。PC、スマホ、ゲーム、運動習慣など身体を取り巻く環境は年々悪化する一方です。

それから、体幹トレーニングです。

「え?体幹トレーニングって、めっちゃブームになってますやん??」

と思いますよね。

もちろんトレーニング自体は効果がありますし、やっても大丈夫ですよ。

ただし!鍛えることに重点をおきすぎてガチガチに固めてしまうと、逆にパフォーマンスは下がります。

なぜなら運動パフォーマンスというのは身体全体が連動し、それら各パーツがスムーズに動いてこそ向上します。その動きの起点となるのが体幹の動きで、体幹が固まっているとそれを補うために違う筋肉を使い出してしまいます。(脚が太くなってしまう女子も、これにあたります。)

美人に見える人、運動パフォーマンスが高い人というのは、この体幹の動きや使い方がもの凄く上手い人・・ということになりますね!

なので、加齢や生活習慣で固まってしまうのと同様にトレーニングで固めてしまうのも良くありません。(体幹トレーニングの「プランク」をやって、よく腰痛などをおこしている方を見かけます。)

必要以上に体幹を鍛えてガチガチに固めるのはオススメしません。

じゃあ、どうしたらいいの?

ですよね(笑)

流れとしては、「美人のおさぼり筋を起こす」ことから始めましょう!

「美人のおさぼり筋を起こす」=骨盤から肋骨までの距離を広げ、伸びとハリを作る。

使える体幹と、身体の連動性を手に入れる。

その上で、動きの基礎から身につけていく。

というところでしょうか?

今回は少し難しかったかもですね。

ミコトのストーリーを読み進んでいってくださると分かりやすいと思います(笑)

読むだけで美人になれる!① SHIMAティーのちょっと変わった美人講座が始まります。

本日のチェックポイント

美しくなろうとするのを邪魔するやつがいる。
つぶれている・ゆがんでいる・固まっている、の三大体幹病と呼ばれるやつ。
トレーニングで固めてしまうのも良くない。
まずは「美人のおさぼり筋」を起こすところから!

あなたにたくさんの奇跡が起こりますように!